瞑想のススメ

内側への扉を開く
光のワーク


自己の内在の神性へつながる扉を開いて、あなたのハイヤーセルフ、高次元のマスター、天使の援助を求めるための瞑想です。

■ステップ1/光の瞑想

胸の中心のチャクラは、多次元へアクセスする時の入口となるポイントです。
日々の事柄はとりあえず全て横に置き、楽な姿勢で椅子や床に座って体の余分な力を抜きます。リラックスした状態で胸の中心に意識を向けます。背骨だけはまっすぐ伸ばしてください。

十分リラックスできたら、銀河系の中心からやって来る白い光を頭頂から吸い込むつもりで、鼻からゆっくり息を吸い込み、そのまま光を胸の中心へおろします。
口からゆっくり息を吐きながら、吸い込んだ光を胸の中心から体の外へ放射するようイメージします。吐く息ごとに光が広がって、全身が白い光に包まれているつもりになってください。

深い呼吸を繰り返していると、そのうち心が落ち着いて雑念が湧かないとても静かで平和な気分になります。(眠らないでください)

■ステップ2/高次元の存在とつながるワーク

心が静かになったら、あなたのハイヤーセルフ、お気にいりのマスターや天使、高次元の地球外生命(ET)に心の中で呼びかけてください。本やネットで知った有名な存在であっても構いません。
ただし呼びかける時は、必ず「光の存在である○○さん」というように、あなたが「光の存在」を指名して呼びかけていることをはっきり宣言してください。

マスターや天使がそばにいるのを感じる人がいるかもしれません。光の存在たちはそっとやって来ますので、多くの人は彼らの存在を感じることはできません。
存在が感じられなくても彼らがそばにいるつもりで、かかえている問題や教えてほしい事、願い事などを話してください。
実際、あなたが相手を指定して呼びかけると、彼らは必ずあなたの話を聞いてくれています。誰に呼びかけているか、それを明確にすることが重要なポイントです。

テレパシー能力が発達している人は、インスピレーションとしてハートの内側から返答が響いて来ますが、普通、返答は日常生活の中で共時性(シンクロニシティ)に乗ってやって来ます。

誰かの話、テレビや雑誌、インターネット、何らかのシンボルやサインなどで提示されます。それはあなただけが分かる光の存在からの返答です。
それを見逃さないよう、よく注意して受け取ってください。















HOME




















































w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ